プロフィール

フィッシングパパ

Author:フィッシングパパ
東京の葛飾区/江戸川区周辺を中心に趣味の釣り&水泳、そして子育てに奮闘中!世界の最先端技術に興味を持ち、独学で研究や実験を行っています。

FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシングパパもブログランキング始めてみました
うなちゃんを釣る励みにもなりますのでポチッとお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:-- |
当ブログに訪問されてくださる方の中にも興味がある方がいるようでしたので、なんとか時間をとって「ベクミル柏店(予約制)」へ行ってきました!

5月7日に政府が茨城・霞ヶ浦などで取れた天然ウナギから基準値(一キログラムあたり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたとして出荷制限を指示していましたが、「自分が釣った天然うなぎはどうなんだろう?」、「人体に内部被曝してからでは遅すぎる!」などの単純な不安から自分でも検査することにしました。

というわけでベクミル柏店に事前予約の電話を入れてレッツゴー!

RIMG5511_convert_20120527084915.jpg


ベクミルは、日本初の「放射能機器レンタルスペース事業」というアプローチで市民や生産者の手元にベクレル単位の測定手段を手軽に提供するという「放射能測定器レンタルスペース」です。

レンタルスペースはこじんまりしたビルの2階に入っていていますが、店内はとても綺麗でした。
スタッフの方はとても親切で丁寧にサービスや料金などの説明をしてくれました(笑)

RES06515.jpg


RES06519.jpg

ベクミル柏店レンタルスペース内。 とても清潔感があって綺麗です。

RES06518.jpg


料金は、まず会員登録料500円/年。

そして利用する検出器の違いで「(1)980円/1検体、(2)3,980円/1検体」の2種類。

それからオプションサービスとして、(1) 検体加工代行料 1検体 1,000円と(2) 測定結果写真の印刷 1枚 200円、となっていました。

その他、「ベクレルセンター放射能検査」というのがあって、これは検体をそのままベクレルセンター検査部にお渡しし、先方で測定&報告書まで作成してくれる検査サービスで1検体あたり4,980円というのもありました。


私は4,980円の「ベクレルセンター放射能検査」サービスをお願いし検体のうなぎを渡しました。
(注意:うなぎは〆た状態で渡さないないと受け付けてもらえないので、あらかじめ自分で〆ておくこと!)

検体の容量が足りないと正確に測定出来ないので、今月中川で釣れた58センチクラスのうなちゃんを2匹、そして予備として約55センチと45センチのものをそれぞれ1匹づつ用意しておきました。
(結局、58センチクラスのうなちゃん2匹で足りましたが...。)


本当は美味しく食べてあげたかったのに、こんな検査に使ってしまってゴメンね。


RES06516.jpg


検査員の方に容器に詰められるようミキサーでミンチ状にしてもらい、容器に詰めて頂きました。

RES06522.jpg


重さの計測。

RES06521.jpg

うなぎを詰めた容器を専門ブースの中にある検出器にかけ測定。

RES06523.jpg

待つこと約30分、検査結果が告げられました。

検出限界5.112Bq/kgで「セシウム134とセシウム137を合わせて25.17Bq/Kg ±1.813」、という結果。

この「1キログラムあたり25.17ベクレル」という結果は、政府基準の「1キログラムあたり100ベクレル」以下ではありますが、それの四分の一は出ましたね。

この数値をどうとらえるのか...、それは各人の判断だと思いますので私のコメントは避けますが、福島原発事故の影響が東京湾に注ぐ河川のうなぎにも出ているのは明らかです!

翌日、こんな放射能検査報告書が送られてきましたのでご参考までに載せておきます。

ベクミル報告書


今回の検査結果を受け、「もう二度とこのような原発事故は起こしてはいけないこと」、そして「この放射能問題を出来るだけ早く解決出来るよう国全体で取り組んでいかなければならないこと」をあらためて実感しました。


最後に、ベクミル柏店の皆様、丁寧かつ親切に検査協力して頂きほんとうにありがとうございました。



スポンサーサイト

フィッシングパパもブログランキング始めてみました
うなちゃんを釣る励みにもなりますのでポチッとお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
2012/05/27(日) 10:53 | コメント:11 | トラックバック:1 |
2012年5月8日、新聞やテレビで次のように報じられていました。
以下抜粋。

>「政府は7日、茨城・霞ヶ浦などで取れた天然ウナギから基準値を超える放射性セシウムが検出されたとして、出荷制限を指示した。

 出荷制限が指示されたのは、茨城県の霞ヶ浦や北浦、那珂川などで取れた天然ウナギ。食品に含まれる放射性セシウムの基準値は先月から厳しくなり、一般食品は一キログラムあたり100ベクレルとなっているが、先月10日に霞ヶ浦で取れたウナギから一キログラムあたり177ベクレル、先月23日に那珂川の支流の沼で取れたウナギから110ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。

 霞ヶ浦一帯は日本有数の天然ウナギの産地で、業者にとって大きな打撃となる。また、稚魚の不漁が続き、ウナギが高騰しており、消費者にも影響を与えそうだ。」



「霞ヶ浦のうなぎがダメってことは当然千葉だって東京湾だって同じことがいえるんじゃないか...?」、そんな不安の中、東京湾に注ぐ中川にうなぎ釣りに出かけました。

川面は夕日でピンク色に染まっていました。きれいだ!

RIMG5491_convert_20120520222322.jpg

エサはドバ。
しばらくするとお約束のように鈴が激しく鳴りました。
こんな立派な天然うなぎが釣れましたが、放射線は大丈夫かなぁ...?

RIMG5493_convert_20120520222428.jpg


そんな心配とは関係なくまたまた鈴がリンリン。
2匹目。

RIMG5496_convert_20120520222525.jpg


うなぎ釣りの醍醐味はあの強烈なヒキでもありますが、一番は皆さんご存知のあの美味さ!
今度、時間がある時に線量チェックにいってみようと思います。
このままだとなんか怖くて食べられないし...。

フィッシングパパもブログランキング始めてみました
うなちゃんを釣る励みにもなりますのでポチッとお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
2012/05/20(日) 22:43 | コメント:4 | トラックバック:1 |
東京や千葉にお住まいの鰻好きの方ならご存知かもしれませんが、千葉県松戸市にある「う奈ぎ道場」(駐車場あり)っていう鰻専門のお店に行ってきました。

詳しいことはリンクを見てもらうこととして、この店は鰻ファンなら一度は訪れるべき店と言っていいと思います。
「フィッシングパパのブログサイトを見て来たよ!」と言ってもらったら尚よしです!
鰻料理に関するウンチクだけじゃなく、江戸川、利根川、中川、荒川など東東京のウナギ釣りスポット、また釣り方やエサなどのマニアックな情報も教えてもらえるかもしれませんよ。

店構えは次のとおり。住宅街にある普通の木造家屋の一階を鰻料理店にしたものだ。

RIMG5441_convert_20120511235742.jpg

RIMG5442_convert_20120512215407.jpg

基本的に予約をするのがベスト。ご飯の炊き込み、うなぎの捌きや蒸しなどは各お客さんの来店にあわせて準備されていて、店主の鹿野さんが各お客さんを「もてなす」というコンセプトだ。


写真は蒸した白焼きを炭火で焼いているところ。

RIMG5443_convert_20120511235905.jpg

私が注文したのが定番の鰻重。

RIMG5446_convert_20120511235943.jpg

重箱とお椀の上に水の雫があるのにお気づきだろうか。
これは暑い季節に清涼感を与える演出とのこと。こういった気配りが嬉しい。

RIMG5445_convert_20120512000013.jpg

写真では味をお伝え出来ないのが残念だが、天然うなぎの旨み、上品な味と香りの肝吸い、糠で漬けたしょっぱくないお新香、どれもが満足出来る味でした。

RIMG5448_convert_20120512000102.jpg

最後に「うなまん」と「緑茶」が付いてくるが、特にうなまんは鰻とゴボウの風味が見事にコラボレーションしてお土産で持って帰りたくなる美味さでした。

RIMG5449_convert_20120512000133.jpg

RIMG5450_convert_20120512000205.jpg

江戸前うなぎ料理の原点的な鰻重を提供する店ですので、特にうなぎの有名店を数々食べ歩いたグルメの方に訪れて頂きたいお店です。

私の家のいけすで元気に泳ぐ江戸前天然うなぎ君達も、この道場に卸してみようかなぁ...(冗談)


ということで夜は勢いで近くの中川へ突撃。いつかはうなぎ道場に天然うなぎを卸せるようになりたくて頑張ってみました(笑)

RIMG5456_convert_20120512235924.jpg

気温が低く風も強い中、一時間半ほどアタリなし。
「ダルビッシュじゃないけど連勝はいつか止まるもの」などとあきらめかけていた矢先にいきなりアタリ!
58センチのまあまあサイズ。

RIMG5458_convert_20120512000320.jpg

続けて別の竿にもアタリ。こちらも1本目と同じぐらいのまあまあサイズ。

RIMG5460_convert_20120512000353.jpg


この日の2本でウナカウンターは「25」。

今年の目標の「30」まであと5本。このペースだと5月中に達成出来るかも!

フィッシングパパもブログランキング始めてみました
うなちゃんを釣る励みにもなりますのでポチッとお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
2012/05/12(土) 00:28 | コメント:4 | トラックバック:1 |
私が好きな釣りの中にタナゴ釣りがあります。

タナゴ針に赤虫や練り餌をつけて釣るシンプルな釣りです。

寒いのが苦手なので私にとってのタナゴ釣りはもっぱら春と夏。
休みの日には、「昼間タナゴ、夜ウナギ」がベストです。

先日今年初のタナゴ釣りに挑戦。

ポイントは霞ヶ浦の某池。
私はこの池を「タナゴ池」と呼んでいます。地元の人以外にはあまり知られていないらしく、でもとにかくタナゴの魚影が濃いのが特徴です。

RIMG5429_convert_20120511103549.jpg

今年も竿を出すとすぐにアタリがありました。あがってきたのは婚姻色が出てきたオスのタイリクバラタナゴ。
いつ見ても綺麗ですね。

でも次から次に釣れてしまうので正直飽きるのも早いですが(笑)子供に体験させるには一番面白い釣りの1つかもしれませんが。

RIMG5433_convert_20120511103715.jpg

このブログサイトを訪れてくださるれおんさんがホンビノス貝を1時間で採取できる速度を「ビノス」と称されていましたが、その単位をお借りするならばタナゴが「70ビノス」(笑)

エアレーションを行いながら大切に持ち帰ったタナゴちゃんたちは、自宅の水槽でこんなかんじで元気に泳いでおります。
今年もカラス貝を入れて産卵から孵化まで見届けてみようと思います。

RIMG5439_convert_20120511104642.jpg

RIMG5440_convert_20120511104713.jpg

フィッシングパパもブログランキング始めてみました
うなちゃんを釣る励みにもなりますのでポチッとお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
2012/05/11(金) 11:17 | コメント:2 | トラックバック:1 |
当ブログに訪問してくれているHANZOさんに「うなぎ's Night2012開幕宣言」を頂き、益々ウナギ釣りに熱を入れている今日この頃。

GWの後半(5/3~6)は家族各人のスケジュールが合わず遠出が出来なかった反面、夜は近場の川で竿を出せました。

スーパーフルムーンとやらやたら大きくて明るい満月を眺めながらの夜釣り三昧、最高でした。

RIMG5371_convert_super moon

RIMG5422_convert_20120509224513.jpg

竿を出すたびに最低1本はコンタントにあがり、5月9日現在のウナカウンターは「23」。

5/3 - 4 (3本)

RIMG5368_convert_20120509224227.jpg

RIMG5372_convert_20120509223947.jpg

5/6 - 8(3本)

RIMG5402_convert_20120509225650.jpg

DSC_0130_convert_20120509225250.jpg

RIMG5421_convert_20120509224429.jpg

エサは太めのミミズに限りますよ!

フィッシングパパもブログランキング始めてみました
うなちゃんを釣る励みにもなりますのでポチッとお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
2012/05/08(火) 23:06 | コメント:4 | トラックバック:0 |
検索フォーム
スポンサードリンク
潮汐表
リンク
このブログをリンクに追加する

ブログランキング始めてみました

励みになりますのでポチッとお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。